性能評価業務

「住宅の品質確保の促進法に関する法律」に基づき、住宅の性能を10の分野(構造の安全、火災時の安全性、劣化の軽減など)について評価し、等級や数値により表示する制度です。

日本住宅性能表示基準及び評価基準に基づき、設計図書の審査を行い評価する設計評価と中間時と竣工事に検査を行い評価する建設評価があります。

申請書ダウンロード

上記にない申請書については、お手数ですがお問い合わせください。

pagetop